二宮智宏 読解

短期間で読解力を向上させる、その方法とは・・・・




二宮智宏さんの「読解の公式」は、小学校の2、3、4年生であれば、
1日たった30分、そして32日間継続するだけで
国語の成績をアップする方法を公開しています。

多くの先生は読解力をつけるために本を読みなさいと教えますが、
それは間違っているのです。


⇒⇒詳細を今すぐ確認!


本当のところは読解力がないから本を読まないのです。

二宮さんが教える「読解の公式」のマニュアル通りに実践すれば、
1日30分の勉強を32日間続けることで国語力を大幅にアップさせることができ、
それはまさしく画期的な理論なのです。

そして読解力があがることで、説明能力も向上することになり、
強いては理科、社会、算数などの他の科目も自然に成績が伸びていくのです。

50前後の偏差値だった生徒が「読解の公式」を実践することによって、
偏差値75にまで上がったという報告も多数あります。


とにかく読解力が付くことで本を読むことが楽しくなります。
読解力がある人はIQが高いとも言え、
IQは、高い視点から物事を説明出来る能力を指すので、文章力が自然に備わります。

文書を自分の頭の中で構成するより、
周囲に説明する行為を繰り返すことによって効果は倍増するので、
「読解の公式」は非常に効果的で実践的な方法なのです。


⇒⇒二宮智宏の「読解の公式」








結婚